MENU

借入するならココ|人気の借入先を厳選比較!

消費者金融と聞くと、みなさんはどんなイメージが浮かびますか?
一度も利用した事がない方にとっては特に、少し怖いという感じがするかもしれません。

 

しかし、現在の消費者金融はマチ金やサラ金といわれていた頃のようなシステムとは大きく違います。
利用者の年齢層も学生から熟年者までと幅広く、アルバイトでもパートでも簡単に利用できるようになっています。

 

毎日の暮らしの中でのちょっとしたお金のピンチの時には、消費者金融は必ず役に立つことでしょう。
なぜなら、消費者金融には即日融資システムがあるからです。

 

消費者金融のキャッシングローンVS銀行のカードローン

お金を借りる金融機関として代表されるのが、消費者金融と銀行です。
となるとよく比較されるのが……

 

消費者金融のキャッシングローンVS銀行のカードローン
です。

 

以下に2つのローンについて簡単にまとめてみました。

 

消費者金融のキャッシングローン

消費者金融のキャッシングローンのメリットは、なんといってもスピーディーなサービスでしょう。
代表的な企業のほとんどでは即日融資が可能です。

 

また、申込方法から審査、そして返済に至るまで、手軽で簡単にお金の借入ができる仕組みになっています。
例えば、申込方法。

 

多くの企業では、無人契約機を設置しています。
無人契約機が見つからないような場合でも、電話での申込が可能です。

 

また最近では、インターネットでの申込が可能になっている企業が多く、このサービスを利用する方も増えています。
審査時間は、業界最速時間が30分となっています。
従って、審査の結果がすぐにわかり、多くの場合14時までに契約が済めば、即日振込や即日融資が可能です。

 

利子が高めとの印象が強い消費者金融ではありますが、最近では無利息ローンなどのシステムもでき、少しでも安くサービスが利用できるようになっているのです。

 

銀行のカードローン

では、銀行のカードローンの特徴はどうでしょう。
銀行のカードローンのメリットといえば、高額の利用限度額が設定できること、そして銀行の低金利でのローンの利用が可能なところです。

 

総量規制という法律により、消費者金融のキャッシングローンやクレジットカードの利用限度額には年収制限が課せられるようになりました。
そして、総量規制が制定された2006年以降、消費者金融やクレジットカード会社における利用限度額の引き上げは実質不可能になってしまいました。
それにより、お金を借りたくても借りられない状況に陥る人々が増えてしまったのです。

 

そこで注目されたのが、銀行のカードローンです。
銀行のカードローンは、消費者金融のキャッシングローンと同じようなシステムになっています。
さらに、総量規制の対象外となるため、年収による利用限度額の制限がありません
従って、高額の限度額の設定が可能となっているのです。

 

ところが、このローンを利用するためには、厳しい審査に通過しなくてはなりません。
審査の通過は非常に難しく、そして、長い時間が必要となります。
ですから、ほとんどの場合はすぐに融資金を受け取ることができません。

 

まとめ

以上のことからわかるように、それぞれのローンにはそれぞれのメリットとデメリットがあります。

 

私たちが日々の生活の中のちょっとしたピンチの時には、すぐにお金を手にしたいものです。
となれば、やはり即日融資が利用できる消費者金融のキャッシングローンの方が便利であるということが分かるのです。

 

しかし、当然消費者金融のキャッシングローンにもデメリットがあります。
それは利子が高いことです。
いくら無利息ローンシステムがあるとはいっても、限度や条件があります。

 

簡単に借りることができ、非常に便利なシステムではありますが、お金の借りすぎには十分ご注意ください。
また、返済のプランには無理のない計画を立て、毎月しっかり返済できるようにしましょう。

 

消費者金融は本来とても便利なシステムです。
上手に利用して、快適なマネーライフを送っていただきたいものです。

 

便利な消費者金融のサービス

消費者金融では即日融資以外にも様々な便利なサービスを提供しています。
具体的にどのようなサービスを行っているのか、以下にいくつかの代表的な企業を紹介いたします。

 

業界No.1のアコム

利用限度額 : 1万円〜500万円以内
実質年率: 4.7%〜18.0%

 

業界最大手、シェア率ナンバー1といえれているのが、アコムです。
アコムは「むじんくん」の名でもよく知られています。
この「むじんくん」は実は、無人契約機の第1号なのです。

 

もちろん、即日融資も可能。
通常は14時までに契約が完了していれば、即日融資が受けられます。

 

申込方法に関しても、「むじんくん」だけでなく、インターネットでの申込もできるようになっています。
さらに、初めての利用者限定で、無利息ローンのサービスも提供しています。
こちらのサービスを利用すると、30日以内に返済できた借入分は全て無利子になります。
例えば「給料日まで後少し」なんてピンチの時には、必ず重宝することでしょう。

 

「瞬フリ」で便利なプロミス

利用限度額: 1万円〜500万円以内
実質年率: 4.5%〜17.8%

 

また、全てのサービスがアコムとよく似ている上に金利が少し安いのが、プロミスです。
アコムの金利が4.7%〜18.0%なのに対し、プロミスは4.5%〜17.8%です。

 

プロミスでも、インターネットによる申込も可能で、しかも無利息ローンのサービスも行っています。
そして、プロミスには「瞬フリ」という便利なサービスもあります。
こちらのサービスを利用すると、365日24時間いつでも振込のサービスが受けられるのです。

 

金曜の遅くに申込んでも、日曜や祭日でも申し込めばすぐに振込のサービスを受けることができます。
「瞬フリ」は何度でも利用することができ、また手数料も掛かりません。
ちなみに、こちらのサービスには、三井住友銀行かジャパネット銀行の口座が必要になります。

 

新進気鋭のモビット

利用限度額: 1万円〜800万円以内
実質年率: 3.0%〜18.0%

 

モビットは比較的新しく、業界での注目されている企業の一つです。
モビットといえば審査の速さに定評があり、前身ともいわれているプロミスのノウハウを駆使し、さらに進化したシステムを利用しています。

 

業界最短時間の30分での審査が可能ですので、最大14時50分までに契約が完了していれば、即日融資が可能となっています。(条件に寄りますので、ご注意ください。)
さらにモビットには、全ての手続きをインターネット上で完了させることができる「WEB完結型申込サービス」があります。

 

2012年に業界初の試みとして開始されたこのサービスの最大の利点は、24時間いつでもどこでも借金の申込やその他の手続きができてしまうことです。
お金を借りることに関しては絶対に誰にも知られたくない方や、忙しくて無人契約機や銀行などのATMに行く時間がない方などにとってはかなり便利なシステムになっています。